楽しいこと、美しいもの、ワクワクすること
Dr.Yellow, iPhone, MacBook, GOLF, MLB, NBA, Rugby,Camera, Gadgets
MLB

MLB:ワールドシリーズ第二戦結果:バーランダー・ヒルの投げ合い

なんて試合だ!!と思わず叫んでしまうほどの熱戦でした。

ドジャースの本拠地で行われた第二戦、ドジャース先発はベテランのリッチ・ヒル、アストロズはポストシーズン4勝無敗の優勝請負人のバーランダー。

投手戦の様相でしたが、結果的には乱打戦の総力戦になりました。

関連記事:

【速報】MLBワールドシリーズ初戦はドジャースが勝利!ダルビッシュは第3戦先発予定 2017年度シーズンのワールドシリーズが開幕しました。 初戦はレギュラーシーズンを104勝を挙げたドジャースの本拠地である...

ヒルは4回1失点で降板。7つの奪三振で内容的には悪くなかった。

打線にてこ入れをしたロバーツ監督の采配も的中し、5回に同点弾、6回には怪我から復帰したシーガーが勝ち越し2ランが出て勢いは確実にドジャースでした。

しかしワールドシリーズは何があるかわかりません。

バーランダーから3点をもぎ取り、6回に降板をさせたところまでは良かったのですが、ドジャースのリリーフ陣が踏ん張れない。

前田が1回1/3を切り良い感じでいくのかと思いきや、

8回にモローがいきなり打たれます。ライト線に飛んだライナーをプイグがグラブに触っていながらも捕球出来ず2塁打に。かなり悔しがっていましたが、このプレーが大きな転機担になったように感じました。

ここでロバーツ監督が早めの守護神ジャンセンをマウンドへ。コレアがセンター前ヒットを打ち3−2。1点差に。

9回のマウンドにも守護神ジャンセンがあがります。

あと3つアウトで2戦目を制すという、レギュラーシーズン104勝を上げたチームなら余裕でいきそうなところが、、、

一人目のゴンザレスが同点ホームランを打ち、延長戦へ。。。流れはアストロズへ。

9回裏にはアストロズ守護神のジャイルスがマウンドへ。ポストシーズン、調子を下げているだけにしっかりと抑えたいところ。9回は見事に3人切りに成功。

10回表アストロズの攻撃はアルトゥーヴェから。

ここでドジャースは回の頭からフィールズに交代。

アルトゥーヴェは今日4打数無安打。しかし、ここぞの場面で打つのがスターですね。勝ち越しのホームランを打ちます。4−3アストロズ。

フィールズのメンタルが崩壊するのはこの後。続くコレアが更にホームランを放ち2点差へ。グリエルが2塁打を打ったあと、フィールズは降板。

リリーフはシングラニ。フライアウトとダブルプレーで仕留め回は終わります。

10回裏、プイグが1点差に迫るソロホームランを放ちます。球場は大盛り上がり!この後2アウトまでいくもフォーサイスがフォアボールを選びます。

ワイルドピッチでフォーサイスが2塁へ進塁後、ヘルナンデスがヒットを打ち同点に。フォーサイスのランニングとクロスプレーがドキドキモノでした。

興奮はマックスへ!

11回表、ドジャースの投手はマッカーシー。アストロズがヒットの後、スプリンガーのホームランで更に2点差に突き放します。やはり攻撃陣の火がついたアストロズは強烈です。

11回裏、カルバーソンがソロホームランで1点差に迫りますが、最後の打者プイグが三振をしゲームセット。デヴェンスキのスライダーは打てません。

アストロズがドジャースを7−6で下し、シリーズ1勝1敗のタイに持ち込みました。第三戦は明後日、ヒューストンの本拠地で開催されます。

試合を見ての印象

アストロズはとにかく、スライダー(曲がる系、落ちる系)を多投する配球です。そして、ドジャース打線はことごとく打てない。ツーシームには強い選手が多いのですが、バーランダーに対する1巡目は、一生当たらないんじゃないかとおもうほどでした。

次戦はダルビッシュ対マッカラーズですが、マッカラーズもカーブ(スライダー系のカーブ)を多投するので、本拠地へ戻ったアストロズ打線の驚異、アウェイのドジャース打線は沈黙する可能性がありますね。

ダルビッシュは3点までに抑えたとしても、マカラーズから3点以上取れるのかが課題となります。

今日の試合運びをみていても、継投で勝ちきってきたドジャース、1イニングはやいんですよね。。。ヒルには5回までもってもらいたかった。またロングリリーフが出来るマエケンを6,7回と投げさせるべきではなかったかと。ジャンセンは一回こっきりの9回。8回は3人でつないでも良かったはず。

ロバーツ監督が先に動いたことで、リリーフ陣に微妙な影響があったことは否めません。結果的にフィールズが打たれてしまいましたが、彼の責任ではないように思いました。試合の流れを、8回の時点で失ったドジャース、同点にされるべきではなかったところでしたからなおさらでした。

たられば言うのは簡単ですし、外野がやいやい言うのも勝手ではありますが、3戦目がカギになってきました。

ドジャースもホームではこれまで無敗だったところに負けが尽きましたので、是非ともアストロズホームの3戦目、ダルビッシュには好投を期待したい。

彼は今シーズンはじめにミニッツメイドパークで完全試合未遂がありましたので、相性の良い球場です。

明後日が楽しみですね!

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です