楽しいこと、美しいもの、ワクワクすること
Dr.Yellow, iPhone, MacBook, GOLF, MLB, NBA, Rugby,Camera, Gadgets
Apple

Appleから近々消滅する5つの製品

今日はiDROP Newsの記事をご紹介します。

5つの製品が近々Apple公式サイトから消滅するというお話。

2017年6月5日のWWDC17で発表された新型MacBookやMacBook Pro、目玉であったiPad Pro10.5やiOS11など、Appleは進化し続ける中で、スマッシュヒットにならなかった製品も存在します。

一つずつご紹介しましょう。

① iPad Mini

iPad Mini4

iPad Mini Pro発表の噂はあるようですが、iPad Miniについては2014年10月にiPad Mini4をリリースしてからアップデートはありません。iPad Miniシリーズは年々売れ行きが悪くなり、iPhone7 Plusなど好調な製品と比較されるようになりました。今後Mini4アップデートが無い限り、製品ラインアップからは消滅すると推測されています。

私的にはiPad Mini4のセルラーモデルは今でも購入価値があると考えます。というのも、iPadの大型化(薄型化)はステキなことですし、CPUもはやくなり扱いやすいすばらしいガジェットですが、Miniのサイズ感はブックリーダーとしての用途(Kindleなどの代わり)は勿論のこと、MacBookとの連携でデュアルディスプレイとしても使えますし、幅広い使い方が可能だとおもいます。

私はこれ、絶版になる前に買うなぁ

② MacBook Air

MacBook Airはアップルにとって「最軽量、最薄のMacBook」という位置づけでしたが、新型の12in MacBookにその王座は奪われました。また、2016年モデル以降のMacBook Proも薄くなり、MacBook Airの居場所がなくなってきているのが現状です。

2015年3月にマイナーアップデートがあって以来MacBook Airは刷新されておらず、今後もその可能性は低いとみられています。ディスコンティンニューされる製品の一つとなったということでしょう。

個人的には、この流れはもう止められないと思います。11インチサイズは今でもご機嫌ですし、Retinaであれば最高なのになぁとぼやく自分がいます。キーボードが私の好みでもあるので、このタイプはもう少し長く作っていて欲しいなぁと願う自分もいます。自分は一台もっているのですが、メモリが4Gなので、8Gモデルの全部入りを中古でさがそうかなぁ

③ iPod

世界の音楽シーンを変貌させ、アップルを現在の位置まで一気にブーストした革新的な製品であるiPodが消滅するといわれています。アップルはすぐに製品ラインアップから外すとは思われませんが、iPhoneやiPadなど音楽を聴くための媒体は既に十分すぎるほど揃っており、iPodがあらためて消費者の購入選択肢に入ることはないでしょう。

アップルがiPodの存在を重要視し、今後革新的な製品を開発しない限りいずれは消滅するでしょう。

初代iPodを購入した記憶が鮮明に残っていて、あのときの衝撃とワクワク感は今でも忘れられません。センターダイアルを回すと、カリカリというあの音が心地よく当時はモノクロのLCD画面のフォントがマックっぽくてかっちょいいと思ったモノです

初代iPod

④ AirPort Routers

アップル社の判断として去年の段階で既にワイヤレスルーター部門を縮小することを決定したそうです。iPhoneやiPadなどの人気製品への人事や経費投入のためともいわれており、今後新製品が発売されることはないとのこと。初期のAirmacなどはHDD付きでバックアップに利用することも可能でしたが、いまやiCloudがそれにとってかわる時代ですから、ハードウェア的に残す必要もないのかもしれませんね。

私見ですが、バックアップは少なくとも2つ外付けのSSDやHDDに残しておくべきですが、ワイヤレス系の製品必要がないかもしれませんね。少なくともApple TVのような機能が組み込まれたAirmacであればまだ購入選択肢にはいるかもしれませんが。

自然淘汰される製品の一つかもしれません。

⑤ iPhone SE

驚きのヒットとなったiPhone SEですが、今年の秋に発表・発売される新しいiPhoneX (iPhone8)との比較となると、正直なところ、古いと感じざるをえません。

4インチサイズの端末はまだまだ人気で今後も販売は続くでしょう。しかし、iPhone5ベースのシャーシは旧式であることは否めません。

記事では「4インチサイズで、ベゼルがほぼ無いエッジからエッジの液晶にファンクションエリアが見える新型iPhone?私たちも期待します」と締めくくっている。

私的にはこの記事の中で一番の衝撃でした。すぐに消滅することはないでしょうが、iPhone5ベースの端末はいずれ無くなってもおかしくないですね。iPhone8の発売以降、来年度にこのサイズが刷新されることを多いに期待したい。

このサイズ、好きです。ただ老眼オヤジには厳しい(笑)

しかし手にしっくりくるサイズ、サクサクのCPUには魅了されます。

これ、私、買い直したいとずっと考えてます。仮想通貨のハードウェアウォレット用にしようかなぁ

via iDropNews

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です