楽しいこと、美しいもの、ワクワクすること
Dr.Yellow, iPhone, MacBook, GOLF, MLB, NBA, Rugby,Camera, Gadgets
Apple

【レビュー】MacBook Pro 2017がやってきた!思いのほか良いじゃない?っていう印象

こんにちは、MUJ.com(@MacUserJP)です!

母艦である旧型MacBook Proのデザイン、特にキーボードに惚れ込んで6年以上経つ。

13インチ、15インチと世代が変わっても買い続けた。

2016年モデルから新しいデザインになっても浮気することなく13インチ、

15インチと渡り歩いた。

新モデルは自分にとってキーボードがしっくりこないと感じていたので、

旧型のキーボードに固執した。

今月に入って2017モデルのMacBook Proを入手。

仕事をする上でとにかくスピーディなMacが必要だと感じ始めたのが5月。

動画編集・画像編集の作業、MT4を使ってのトレードなど

マシンパワーが必要で新型を模索しはじめた。

外観は美しい。アップルマークが光らないだけ

15インチでも薄型になり2キロを切ってきた。選んだのはスペースグレー。

渋い。かっこいい。これだよこれ。

実はMacBook 12inも4月にしれっと入手したが、

薄型のMacBookに慣れた事で、今回の15インチ購入に踏み切る理由になった。

後日記事にします。

残念ながらアップルマークは光らない。

今後も光ることはないだろう。

液晶の薄さと美しさ、軽量化には必要な改変だ。

スペックは申し分ない

スペックには大満足だ。Core i7 2.9GHzの16GBメモリは

動画編集をするには快適で、独立したGPUは

ヘビーな作業をするには必須だと感じた。

MacBook Retina 13in (Early 2013)を所有していたころ

8GBメモリでも十分だと感じていたが、動画編集からmp4へ

変換する作業に長い時間がかかっていたことや、

ファンが回り始めると、複数のアプリを立ち上げたままだと

日本語入力の引っかかりなどがストレスの原因の一つだった。

新型MacBook Proにはそれがない。これだけで自分にとっては

十分過ぎるほど満足感を得られるものだった。

問題のキーボードは?

言うまでもなくキーボードはUS

JISはありえない

かなが振ってあるキーボードなんて使いもしないのに、何故?だ

醜いモノは要らない。

Touch IDは一度使い始めるともう辞められない

これが無ければ厳しいだろ、というほどPW入力が面倒に感じる

旧型Macには無かった仕様で、これがないだけで既に不便に感じるのは人の性

Touch Barが意外にも使えることに気づいた。良い発見だ

Fnキーがデフォで出現していないことに違和感を感じていたが、

いざ使い始めると、これがなかなか良い。

カスタマイズ可能で、一番良く使う物を並べることが出来るのは嬉しい

キーボードのストロークは第二世代バタフライキーボードになってから相当改善されていると感じた。2016年モデルを触ったときの違和感はなく、軽快に打ち込みが出来るのが良い

パチパチ言うストローク音も、打ち込みの強さをうまくコントロールすれば良いし、これはこれで心地よさを感じるようになった。MacBook 12inモデルを1ヶ月ほど使ったことも、今回新型へシフトした理由だが、思い切って購入した甲斐があったと再認識した。

旧型のキーボードはタフで打ちやすい。長年がんばってくれた相棒だ。

多くのファンもいて未だに現役。

goriさんが以前「B」ボタンがホコリ詰まりで修理に出さないといけなかったように、

新型MacBookのキーボードの耐久性に関しては今後の課題となる。

年単位で使っていくうちに故障するのか否か。

トラックパッドもかなり快適だが、カーソルが。。。

これも慣れが必要なんだろうけど、長い文章などを打っているときに、

たまにカーソルが意図しないところへ動く事がある。

ちょっと苛っとさせられる。

理由は自分の手の大きさもあるが、思いのほか大きなトラックパッドに

親指がふれてしまったりするようだ。

旧型のトラックパッドにはこの様な「誤動作」がなかったので、

この点においても自分の手の動きに少し気を配る必要があると感じた。

しかし、トラックパッドそのものの挙動やタッチする感覚などは

すこぶる心地よく感じる。

右クリックをする際に「右端を押す」にカスタマイズしているのだが、

トラックパッドが巨大なので右端へ手を動かすのが若干だけ遠いな

と感じることがある。

二本指のタップで右クリックメニューをだす「癖」がないので、

これも慣れるしかない

USB−Cについて文句を言う人も多いけど

拡張性という点で、アップルは思い切ってUSB-Cに方向転換した

この点において賛否両論があるのは理解する

アダプターをつけないと使えない機器が山のようにあるのだから

自分はこのスッキリとしたスタイルが気に入った

充電ケーブルを左右両方に挿せることが素直にいいなとおもったし、

そこそこ値ははるけど、HDMIが挿せるUSB-Cアダプタがあれば

外付けモニターもいけるし、特に不自由はないとおもう

USB-Cは以前のUSBとちがって方向が関係ないので、

差し間違えするストレスがないのも良い。

さそうとする時、向きを間違える事が頻繁におきて、

確率50%なのになんで?って思う事の一つだったので。

自分の使い方はメモリカードを読み込むことくらいでUSBを

しょっちゅう利用するわけでもないのでこれでいい。

総評

新型ってだけでうれしくなるけど、一番のネックだったキーボード問題をクリアした時点で、メインマシンとして最高の一台になった。

持ち歩きするのも大して苦にはならないし、2キロ切ってくれば十分いける。

小さくて美しいMacBook12inも最高だけど、スペック的なストレスはある

ブログ更新やメール、ブラウジングだけを処理する分にはいいけど、

仕事で動画編集や動画キャプチャーなど必要な作業には適していない。

何よりも画面が大きいのが最高。

あともう一つ、スピーカーが「いい音」です。これは旧型からかなり改善している

Netflixを見るのはもっぱらiPhone8 PlusかiPad Pro 10.5inだが、

15インチの大画面で鑑賞するのもなかなか迫力がある

旧型か新型かにお悩みの方、是非とも新型を勇気を持って手にして欲しい

必ず満足のいく物だと私は確信をもってオススメする。

勿論、USキーボードですよw

母艦となる旧型MacBook Proが我が家へ到着!15インチディスプレイは最高に使いやすい! こんにちは、MUJ.com(@MacUserJP)です! 到着しました。苦節3ヶ月。。。(笑) さがしましたよ〜状態...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です