楽しいこと、美しいもの、ワクワクすること
Dr.Yellow, iPhone, MacBook, GOLF, MLB, NBA, Rugby,Camera, Gadgets
Apple

【まとめ】WWDC17で発表された新iOS11は盛りだくさんです

6月6日、San JoseのWWDC17にてiOS11が正式発表されました。iPadユーザーは歓喜の雄叫びをあげるような充実したアップデートに、発表時手に汗を握りました。

開発用のベータ版は今日利用可能。コンスーマー向けにはこの秋から提供されます。

iOSの主なフィーチャーをご紹介します

  1. macOSのようなDock
  2. マルチタスク(Multitasking)
  3. ドラッグ・アンド・ドロップ(Drag&Drop)
  4. Instant Notes
  5. Files
  6. Siriによる翻訳機能
  7. カメラ機能の強化
  8. ファイルフォーマットの大幅変更
  9. 写真アプリの強化
  10. CarPlayの導入
  11. Apple Musicの充実
  12. iMessageの充実とApple Payの個人間送金
  13. コントロールセンターの改善と強化

macOSのようなDock

iOS11 preview

iPad向けの機能強化だが、macOSのようなDockが下からスライドすると出てくるようになる。これにより、注目のマルチタスク中のアプリ間の切り換え、またアプリ二つ一度に観覧できるようになりました。WWDC17ではデモがありましたが、見ていて心地よかったです。

マルチタスク(Mutiltasking)

iOS11 preview

これまで複数のアプリは立ち上がっていても、裏で動くということがありませんでしたね。Androidなどはすでに実現しているようですが(よく知らないのですが)macOS同様iOS11では、裏でゴリゴリ動くことになります。

iPadであればアプリを二画面にわけて一度に操作できます。

ドラッグ・アンド・ドロップ(Drag&Drop)

マルチタスク機能が強化されたことにより、Dockからアプリを立ち上げる際に、指でアプリをスライドして立ち上げます。

Drag&Dropの機能でこれが可能なのですが、一つのアプリ、たとえばメールやメモに画像やテキストなどをDragしてDropすることが出来るようになります。

下の画像は左側に「写真」、右側に「メール」です。左から右へどんな画像でもドラッグして落とすことができます。一度に複数落とすこともできるのが、新しい機能の特筆すべきところでしょう。

iOS11 drag and drop

Instant NotesはApple Pencilと素晴らしい連携をする

ロック画面から即時起動が可能なInstant Notes. メモ帳ですね。Apple Pencilで手書きや、すでにタイプしたメモに書き入れることも可能です。

そのメモをそのままドラッグアンドドロップでメールに貼ることも可能です。とにかくユーザーフレンドリーなiOS11、わくわくしますね。

iPad Pro10.5

FilesはiPadに入っているすべてのファイルを観覧できる

Filesというアプリが発表されました。全てのファイルを確認できる管理アプリはかなり重宝するでしょう。これにより、どこに何が入っているかが一目瞭然となります。

Siriによる翻訳機能が凄そうです

iOS 11のアップデートでは特にSiriの機能が強化されています。

翻訳機能をβ版としてすでに提供されており、英語から中国語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語に翻訳できます。

日本語が入っていなかったのですが、今後増えていく対応言語に入ってくるでしょう。

カメラ機能も強化

すでにかなりレベルの高いカメラ機能ですが、更に進化しています。

iPhone7 Plusのポートレートモードは光学手ぶれ補正機能を搭載。HRD、True Tone Flashなども対応しています。

Live Photosにはループ機能が搭載。マニュアルカメラの長時間露光機能も追加されました。これにより特殊な写真を撮ることができます。

ファイルフォーマットが一新されます

これまでのHFSファイルフォーマット(30年も前に開発されたものです)から

HEIF=High Efficiency Image File Formatの略ですが、新しいファイルフォーマットに変わります。撮影された写真の容量が小さくなり、本体のメモリに負担をかけないという事ですね。

「写真」アプリが更に進化

ファイルフォーマットの変化により、写真のコピースピードが圧倒的に速くなりました。大量のファイルをコピーする作業時間が大幅に減るということです。

カメラの画素数が上がれば上がるほど1枚のファイルサイズが大きくなります。これがiCloudも含めiPhoneやiPad本体のメモリを圧迫し、動作が鈍くなる経験は皆さんしているとおもいます。私も4万枚ほどの画像があるのですが(2009年あたりからたまっている)管理が大変です。ありがたい機能強化ですね!

CarPlayの導入

CarPlayというアプリは車を運転するときに起動したいアプリです。

運転中に電話やメールで邪魔されないように”Do Not Disturb While Driving”機能、いわゆる「ドライブモード」が用意されます。このアプリを起動し「ON」にすることで、運転中にメッセージが届いた場合、相手に運転中であることを知らせる機能が用意されているものですね。

Apple Musicの充実

Apple Musicの進化は、住所録に登録している友人が聴いている楽曲が表示されるようになったり、App Storeそのものもデザインがリニューアルされました。

今日=Todayというタブと、ゲームという専用タブが導入されました。これまでも使いやすかったApp Storeですが、更にユーザーフレンドリーなものになってきましたね。

iMessageの充実とApple Payの個人間送金

iMessageは新しいStickers(LINEで言うスタンプですね)も大量に提供されるようです。

そしてApple PayがiMessage経由で個人へ送金が可能になりました!すでにLINE PAYなどが実現していますが、登録した銀行口座間の取引がApple Payで簡単に決済できるということですね。

これについては私的な考えがあるので、また別の記事を書きますね。

今後は現存の銀行システムではなく、仮想通貨という世界も大きく関係してくると考えております。

コントロールセンターの改善と強化

毎日のように利用するiPhoneやiPadのコントロールセンターです、こちらも大幅改善。これまでは二画面に切り替わっていた者が、1画面上ですべての操作が可能になりました。

キーボードには少し変化が

これまでは切り替えが必要だった頻繁に使う記号ですが、iOS11ではフリック入力が可能になりました

iOS11 preview

まとめ

iOS11の一部の機能をご紹介しましたが、いかがでしたか?iOS10から大きく変化したことはやはりファイルシステム、ドラッグアンドドロップ機能、マルチタスク機能ですね。本当に楽しみなiOSです。秋が待ち遠しいです。

この秋に提供されるiOS11ですが、この機会にiPad Proかっちゃいましょう!!

iPad Pro10.5

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です