楽しいこと、美しいもの、ワクワクすること
Dr.Yellow, iPhone, MacBook, GOLF, MLB, NBA, Rugby,Camera, Gadgets
Apple

新型iPad Proは10.5inと12.9inモデルでスペックアップが素晴らしい

新型iPad Proは10.5inと12.9inモデル

iPad Pro10.5

今回のWWDC17で発表されたiPad Pro10.5inは秀逸です。そして現行のiPad Pro 12.9inなどもスペックアップされ更に充実感を増してきました。MicrosoftのSurfaceのユーザー層を意識したスペックに納得です。

iPad Pro10.5

最大容量が倍に

最大容量がこれまでの256GBから倍の512GBに上がりました。余裕のメモリ領域ですから大量の写真などをため込んでいるユーザーにはありがたいですね。私も4万枚近くの写真があり、iCloudはかなり凄いことになっているのですが、MacでもiPhoneでも「メモリ領域の最適化」を設定しているので、過去の画像の読み込みなどに少し時間がかかるということもあり、若干のストレスを感じていました。メモリ量域が大きいと便利な事が多くなると思います。

ちっぷは10.5in、12.9inともに6 core CPUのA10x Fusionチップを搭載しています。グラフィックチップ(GPU)は12 core。現行のA9Xチップと比較してもCPU性能は30%高速になり、GPUは40%の高速化です。これは明らかに体感出来る数字でしょう。

10.5inモデルはベゼルが40%削減

10.5inモデルはベゼルを40%削減。重量は約450gです。

カメラも進化しています。表のカメラは1200万画素。4K動画も撮影できます。インサイド・カメラは700万画素。一時期のデジカメ並ですね。

iOS11+Apple Pencilとの連携が楽しみ!

iPad Pro10.5

iPad Proの目玉はやはりApple Pencilですよね。iOS11との組み合わせで、提供されるアプリなどで様々なタスクを同時に遂行できるMultitaskingなどの仕様が気になります。

メールとの連携が充実しているようで、PDFを作成する際に、サイトやメール、画像などに手書きでメモをしてそのまま送ることができるなど、なかなかステキな事ができそうです。

お値段ですが、10.5inのWi-Fiモデルが69,800円から。Cellularモデルが84,800円から。12.9inのWi-Fiモデルは86,800円から、Cellularモデルが101,800円から。

まとめ

あまり売れていないというiPadですが、新型iPad Pro ProはSurfaceユーザーなども興味をもってもらえる製品になっているように思いました。

別売りのSmart Keyboardも10.5inモデルが提供されますし、MacBookの代わりになるほどスペックアップが著しい。新型のiPad Proは今すぐに購入可能です。

アップル公式サイトへいく!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です