楽しいこと、美しいもの、ワクワクすること
Dr.Yellow, iPhone, MacBook, MLB, NBA, Camera, Gadgets
Macbook

MacBookがカーネルパニックを起こした時の対処法

 

午後にガリガリとMacBookで作業しておりまして、ちょっと席を外してトイレにいって戻ってきたところ、画面が真っ暗。。。

ん?? 何???(いやな予感)

パチパチ(キーボードをたたく音)

パチパチパチ、、、

は?? なんだこれ。バッテリーは全然のこってるのに、電源が落ちた。

ん〜〜 カーネルパニックおこして落ちちゃったか。。。

MacBookは適度にあったかいだけで、特に問題はないようだったので、電源を長押しをして再起動をはかりました。

程なくアップルマークが出て、ログイン画面に。

自分のパスワードを入れて待つ。待つ。待つ。。。ん???

立ち上がらない。また真っ暗になる。。。

あーめんどくさっ!

こういうときは再インストールするのが一番

こういう事態に陥ったことは過去にも何度も経験済み。

変にもがいても仕方ないので、あらかじめバックアップをとっておいたHDDを引き出しから取り出し接続。

電源が落ちている状況から本体をONにし、アップルマークが出現する前に

command+Rを押してリカバリーモードへ。

ディスクの診断など面倒だし時間もないので、さっさとTime Machineからのリカバリーを選択。

接続した外付けHDDの中身を確認をしたらちょうど10日前にバックアップをとった記録が。

選択後にリカバリーが始まり、1時間で完了しました。

とにかくもがくことなく、時間を無駄にすることなく、少し前の環境に戻れば良いのです。

iCloudに書類やデスクトップ上のファイルなどがすべて保存してあることで、リカバーするのはインストールしているアプリのみで、大切なファイルはすべてiCloud上にあるので本当に便利になりましたね。

カーネルパニックまたは起動しない状況に陥ったときにやっておいて損はないこと

PRAMをクリアするのは一度はやっておくべきかと思います。

特にMacBookはスリープ状態に出入りするのが爆速で便利故に、再起動をせずに使い続けることが多くありませんか?

PRAMクリアー方法は以下です

command+option+P+Rを同時に押しながら、電源を入れます

ジャーンの和音(起動音)を2回聞いたらキーを話します

これで終了です。

まとめ

ちょっと焦りましたが、やはりこまめにバックアップはとっておくべきですね。

このバックアップがなかったら、一からアプリをインストールし直す作業になりますが、以前のようにiCloudがなかった頃のように、プライベートファイルや書類などが消えることはありませんね。iCloud様々ですね!

でもたまには一から全部のアプリを入れ直して環境を整理するのもいいかもしれませんね。ちょっと今回は頭をよぎったのですが、時間的に厳しいということもありパスしました。

アプリのリストはこれから作っておこうかと思います。結構つかわなくなったアプリもあったりするもんですからね。

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です