楽しいこと、美しいもの、ワクワクすること
Dr.Yellow, iPhone, MacBook, GOLF, MLB, NBA, Rugby,Camera, Gadgets
Golf

Morning News Aug 11, 2017 (Fri) iPhone, MLB, 松山選手!

おはようございます、MUJ.com(@MacUserJP)です。

Evening Newsを開始。不定期に更新予定

昨日の朝はなんだかばたばたで更新が出来なかったことで、夜間にEvening Newsとしてアップをしました。今後はこの二つを使い分けるような形で自由に書いていこうとおもいます。よろしくお願いします。

MLB:ダルビッシュ選手登板

今朝はダルビッシュ投手のドジャースとして2度目の先発です。前回は自身の価値を証明するような圧倒的な内容でした。今日もしっかりやってくれるでしょうか?

ドジャースは驚異的な勝率7割越えで勝ち続けていますから、勝つのが当たり前と言った状態。これはこれでなかなか大変だとおもいますが、目標はプレイオフ進出、29年ぶりワールドシリーズ優勝です。名門とはいえ、長年にわたって優勝ができていないことが大きな重圧になるのか。エース・カーショー選手は過去のプレイオフではさんざんな目にあっていることもあり、今回怪我からの復帰後の活躍、そしてプレイオフで好調を維持できるのかが大きな鍵になるでしょう。

MLB:前田投手、及第点

Maeda

前田投手は勝敗つかずも5回を投げきって安定した内容でした。今回はダルビッシュ投手の圧倒的な試合の後ですから、結果が求められた中しっかりと投げきっていたように見えました。プレイオフ中、ドジャースのローテーションの中に入るのかが彼の目標だとおもいます。がんばってほしいです。

MLB:田中投手勝敗つかず

内容的には悪くないのですが、やはり一発が。飛ぶボールの影響なのか、なかなか結果につながらない歯がゆさを感じますね。プレイオフまであと3つは勝利を重ねて好調を維持したまま突入ほしいものです。ボストンとの首位争いが熱いですが、今年のヤンキースはチャンスがあるでしょう。さすがにワールドシリーズ優勝はないでしょうけどね(予測)

iPhone8の最新情報

HomePodのファームウェアから様々な情報が出てきています。

Evening News: August 10th,2017 全米プロゴルフ選手権 松山英樹選手第一ラウンドスタートこんばんは、MUJ.com(@MacUserJP)です。 今朝のMorning Newsはお休みさせていただいました。 実は...

ゴルフ:松山選手の踏ん張り

全米プロゴルフ選手権初日。

課題であった「初日アンダーで上がる」の結果を出しました。

6バーディ5ボギーの1アンダー。出入りが激しいですが、内容はすばらしかった。

この選手の強さは「粘り」「淡々と仕事をする姿勢」でしょうね。

インスタート(10番から)をして連続バーディスタートも12番、18番をボギーとして1アンダーで折り返し。

後半は1番に戻って連続パー。3番でパーパットを外したところから3連続ボギー。4番、5番と短いパット(お先にを含む)を外したのが痛かった。

4番のティショット時に「スロープレー」の注意を受けた事が原因だったのかわからないですが、連続ボギーをうつも上がり3ホールを連続バーディというすばらしい終わり方で1アンダーで終わりました。

印象としては、ボギーを打っても決して感情的にならない。短いイーグルパットを外して「もったいないバーディ」にしてもイラっとしない。お先にを外しても、甘受的にならない。

ショット時のしぐさは、完璧を求めている中で片手になってしまったり、一瞬クラブを振り回したりと感情が露わになる瞬間があっても、その気持ちを引きずらずメンタルコントロールが出来ている。

淡々と仕事をするという印象が強いです。勿論、内心は違うでしょう。感情的になるところを自制しポーカーフェースを装っているのだとおもいます。ましてや「お先に」を外したときなどはあり得ないほど血圧があがるでしょう。

プロの試合ですから1打の重みがあるので、1度マークをしてから短くてもラインを読み、いつものルーティンで打つのが基本です。今日は後半で注意を受けた事で、お先にを打たざるを得なかったのか、その選択が結果連続ボギーにつながりました。

あそこから浮上できずにズルズルと終わるか、そのままパープレイでオーバーパーのまま終わるのが普通かもしれません。

しかし、松山選手の違った。7、8、9番を3連続バーディフィニッシュは圧巻でしたね。底力があることを証明しました。

バウンスバックという言葉がありますが、落ちたところから跳ね返る強さを、松山選手にはある。強かったタイガーが凄かった。最終日7打差をひっくり返して優勝したこともあります。

タイガーの強さと何か凄いことをやってしまう「怖さ」を周囲も認識していたから、最終日首位にたっていてもタイガーが後ろにいることが脳裏から離れず、スコアが崩れていくということが頻繁に見られました。

松山選手が、タイガー全盛時代を彷彿とするような驚異的に存在になってほしいなと願います。

今年のクエイルハロのセッティングは凄いことになってますね。とにかく、グリーンがパンパンに堅く仕上がっているので、アプローチショットでボールが落ちた時の音が堅いわ、はねるわ(笑)マスターズのオーガスタナショナルのようなツルツルの仕上がりのようですね。松山君はオーガスタは比較的得意としているので、今日の上がり3連続バーディが物語るように、波に乗ればビッグスコアもありえるでしょう。

 

連休初日ですが、帰省ラッシュがたいへんそうですね。ドライブされる方は運転に注意をし、海や山では熱中症対策を! エンジョイ連休でがんばりましょう!

わたしは自宅でヒンヤリした部屋にこもって勉強です。夏の暑さは正直苦手です(笑)

すてきな1日を!読んでいただいてありがとうございます!

 

 

 

 

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です